6月も最後の一日となりました。

 

そして今日は特に暑いですねーー。。。

 

そんな暑さの中でもmilcahのショップ壁面はここ数日様々な花で彩られています。

 

可憐な花であると同時に力強さもまた表現できたらと思い、自分なりの思いを花に託してみました。

 

プレゼント同様、思いを花に託すのに花の大きさは関係ないですしね。

 

何となく選んだ花であっても、心のどこかにあるその時の思いがその花には投影されると思います。

 

僕が思うmilcahの花。

 

それは花・葉を活かすこと。「活かす」は綺麗に魅せることではなく、可能性をひろげてあげること。

 

どんな花にも顔があり、よく見ると一つ一つが確実に違った表情をしています。

 

どこにどの花や葉をもってくるのか、さながらパズルのようでもあり、

 

表情のなかった壁に花で凹凸や色、顔をつけてあげる。

 

まるで彫刻のような作業でもある、と思います。

 

花の持つ思いもしなかった表情を、是非現物でご覧下さい。

 

CIMG1133.JPG

CIMG1160.JPG

IMG_4287.jpg

IMG_4297.jpg

 

milcah    山田